My Journal in Boston
旧ボストンで倹約生活ブログ。2009年9月より夫の臨床留学に伴い2年間の予定でボストンに住んでいます。ボストンでの主婦、育児ブログ。2009年4月まで3年間ミネソタ州ロチェスターに住んでいました。その時の記録はこちらでhttp://rochester.cocolog-nifty.com/blog/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステンレスフライパンの使い方
日本に住む友達から、「一念発起して脱テフロン。新しくステンレスフライパン買ったんだけど上手に使えないのー何かアドバイスある?」とメールが。

この私が料理のアドバイスするようになるなんて、世も末か‥(笑)

でもまぁ、All-clad(ステンレス製)を毎日使っていて、テフロンフライパンは全部処分しちゃったので、少しはコツがつかめてきたかも、と思って書いてみます。

注意点は二つかな

1.フライパンを弱火から中火で十分温めてから調理を開始する
All-cladの場合は、火にかける前に油を引き、弱火で2分フライパンを温めるように、と取扱説明書に書いてありますが、普通のステンレスだったらもう少し熱伝導がゆっくりだと思うので、4,5分かけてもいいんじゃないでしょうか。私も実際はそのくらいかけています。慣れるまでは、「さぁ準備できた」と材料を切り終わってからいざフライパン温め始める→待ちきれずにフライパンの温度が上がる前に材料を入れてしまう→くっつきまくって失敗、というパターンが多かったです 今では、まずフライパンを温めてから、材料の下ごしらえをはじめる、という行動パターンが身に付きつつあります。


2.強火はつかわない
これもAll-cladの鉄則です。が他のステンレスでも同じことが言えるらしいです。
とにかくゆっくりじっくりと焼いていくのがいいようです。肉など材料を入れたら、そのまま動かさずほっておく。焦げ付きがうっすらでてきたら、ひっくりかえす。とにかくいじらない。これでしっかり表面が固まります。この過程を強火でやりたいところですが、じっくり中火でやるのがポイントのようです。時間をかければ中火でもしっかり焦げ目がつきますよ。

尚、最初から強火を使いたい中華などはあまりステンレスは向いてない気がしますがどうなんでしょう?どなかた教えて下さい!多分、鉄フライパンを使うのがいいのだと思いますが、やったことがないのでわかりません。ただ、最近の私の研究では、All-cladでも中火のままチャーハンをくっつかずに作ることが出来ました(多少はくっつくけど)。でも美味しさは強火で一気かも、と思います。


IMG_2028_convert_20100117150055.jpg
毎朝ホットケーキを焼くのも楽しくなるほど綺麗に焼けます^^


他にもう少し細かい注意点などもあるようなのですが、私は以上の2つで、だいたい何を作っても、焦げ付き、くっつきしらずで毎日洗い物もラクラクです。

もし焦げ付いたら、重曹ふりかけてメラニンスポンジでこすればピッカピカになります。

ということでkちゃん、がんばって~!!!ステンレスは身体に害はないし熱伝導がいいから調理時間も短縮だし焼けムラもないから美味しく出来るよ~!

ブログランキングに登録しています。クリックお願いします↓


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村



プロフィール

kumikoatboston

Author:kumikoatboston
2009年9月よりアメリカボストン(ブルックライン)に住んでいます。2006年から3年間はミネソタ州ロチェスターに住んでいました。

夫と2007年5月生まれの健太、2010年11月生まれの美咲の4人家族です。
主婦ときどきナース。
ボストン日本人女性の会、ボストン日本人ナースの会、ボストン日本人マタニティサポートグループに所属。

お友達大募集中!下記メールフォームからお気軽にメール下さい!お待ちしています!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



twitter



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。