My Journal in Boston
旧ボストンで倹約生活ブログ。2009年9月より夫の臨床留学に伴い2年間の予定でボストンに住んでいます。ボストンでの主婦、育児ブログ。2009年4月まで3年間ミネソタ州ロチェスターに住んでいました。その時の記録はこちらでhttp://rochester.cocolog-nifty.com/blog/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再始動
出産前に継続的にしていた勉強を、やっと再開できそうです。
日本に帰ったら、看護関連の新しい資格を取ろうと思っており、目下それに向けて勉強中。

色々とすべきことはあるけれど、「今自分が一番すべきことは何か自分の本当の心に向きあって、常に考えて行動する」と、ボストンで仲良くなったお友達(彼女はこちらでポジションを得てバリバリと働いている憧れの女性)が言っていた。
この2ヶ月精力的にボランティア活動に動いたので、これから先の4ヶ月は自分のこれからを考えた活動にシフトしていこうと思います。ただ、優先順位は変えただけで、忘れるのではないし、その中でできることは続けていこうと思っています、もちろん。

ボランティア活動を通して、私が一番得たことは、まだまだ時間は作ればあるんだ、ってこと。
色々な活動をかけ持ちして、膨大な数のメールやタスクを処理していく過程で、「なんだー私、まだまだ出来るんだ」、ってことに気が付きました。日々の生活で本当にしなくてはならないことは少なく、もっと時間を上手に使い、無駄なことを省けば、もっと生産的なことができることに気が付きました。制限をしているのは自分自身であるってことも。この勢いを落とすこと無く、自分自身へのタスクを行う時間にシフトしようと思います。


かなり前の話になりますが、1月の女性の会のレクチャーは「メディアリテラシー」でした。女性の会メンバーでもあるジャーナリストの菅谷明子さんのレクチャーでしたが、その中で、「今の時代は、自分自身(一個人)が発信者になれ他者に影響を与えることができる」というお話を伺い、なるほど、と思いました。そして、「ブログやツイッターなどソーシャルメディアは、海外で(はからずも)主婦をしている、とか、自分の思うような状況と違う状況に置かれている人にとっては、自分が"こうありたい"という面を出せたり、自分の日常を書き綴ることで日々をより意味あるものに思えるようにする等、自己を肯定できる、新しい自己実現の場である」というようなことをおっしゃっており、まさに、と思いました(すみません、かなり意訳していますが‥)。


常々、私も、ブログにもう少し自分の心の中や仕事のことなどを書いてみたいと思っていたので、少し前にも書きましたが、そういう方向に(も)していければいいなぁ、と思っています。
仕事復帰へのいいリハビリにもなるでしょうし。
写真や日々のことは、ツイッター、facebookにこまめに書いていきたいと思います。


IMG_5641_convert_20110513073022.jpg
友人の結婚式でボストンで初めて着物を着ました。久々過ぎて、これでいいんだっけ?と悪戦苦闘しながらなんとか。。。でもやっぱり着物はいいなあ、と再確認。日本に帰ったら、着物たちがタンスの肥やしになり待っててくれているので、機会を作ってたくさん着たいものです。



プロフィール

kumikoatboston

Author:kumikoatboston
2009年9月よりアメリカボストン(ブルックライン)に住んでいます。2006年から3年間はミネソタ州ロチェスターに住んでいました。

夫と2007年5月生まれの健太、2010年11月生まれの美咲の4人家族です。
主婦ときどきナース。
ボストン日本人女性の会、ボストン日本人ナースの会、ボストン日本人マタニティサポートグループに所属。

お友達大募集中!下記メールフォームからお気軽にメール下さい!お待ちしています!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



twitter



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。